統合失調症症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

統合失調症症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

統合失調症の症状はどういうもの? 具体的な内容と対策まで

公開日
更新日

 
執筆:松本 たお(正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者)
医療監修:豊田早苗(医師、とよだクリニック院長)
 
 
統合失調症とは、状況や目的に合わせて思考や感情、行動をまとめていく力(様々な脳機能を統合していく脳機能)が低下する病気で、思考や感情がまとまらなくなったり、適切な行動をとることが出来なかったり、幻覚や妄想が引き起こされ、それまで普通に送っていた日常生活や社会生活を営むのが難しくなってしまう精神疾患です。
 
統合失調症の症状は、大きく分けて二つあります。
 
現実にはないものが現れてしまう「陽性症状」と、意欲の低下や引きこもりなどの「陰性症状」です。
 
具体的には、どのような症状なのでしょうか?
 
この記事では、まず統合失調症の概要についてご説明し、続いて統合失調症の症状について詳しくご説明します。
 
 

統合失調症とは?

 
統合失調症とは、精神疾患の一つです。厚生労働省による2008年度の患者調査によると、受診中の患者数は79.5万人と推定されています。
 

発症時期や特徴は?

詳細は後述しますが、幻覚、妄想等を主症状とします。統合失調症の原因については、現時点では明らかになっていませんが、進学、就職、結婚等の人生の節目に起こる変化に伴い、発症することが多いと言われています。
 
そのため、統合失調症を発症する年齢は、このような節目を迎えることが多い10代後半から30代が多いようです。
 
また、統合失調症の発症には、遺伝の影響が示唆されていますが、はあるのですが、遺伝のみが要因ではなく、脆弱性(遺伝などの病気になりやすい素因)に環境要因によるストレスが関与して発症すると言われています。
 
統合失調症の特徴としては、以下のようなものがあります。

  • ・幻覚や妄想といった統合失調症の主症状の為、家庭生活、社会生活に支障がでる
  • ・幻覚や妄想といった統合失調症の主症状の為、考え方や行動に歪みがでていても、自分でその歪みを認識することが困難になる。
  • ・早期発見・治療が重要
  • ・薬物療法と、家族を含め周囲の人の協力が共に重要

 
 

スポンサーリンク



統合失調症の症状 :陽性症状

 
陽性症状とは、幻覚や妄想など、現実には実在しないものが現れてしまう症状です。統合失調症の特徴的な症状と言えます。
 

幻覚

幻覚は、実際にはないものを「ある」と感じる症状で、五感の様々な部分に起こります。
 
最も多く見られる症状が、聴覚に起こる「幻聴」です。この症状の怖いところは、急性期には、聞こえてくる声や音を「幻聴である」と認識することが困難なところです。
 
幻聴は自分の悪口や、誰かに命令されるといった内容のものが多いですが、中には、多幸的な内容の幻聴が聞こえるというケースもあります。
 
幻聴が聞こえると、本人は、幻聴と認識していないために、その声に支配されて、恐怖から暴力行為をおこしたり、幻聴の声に従って行動してしまったりするなど、日常生活社会生活に支障が生じることになります。
 
「テレパシー」や「電波」など、患者によって幻聴の表現は様々です。
 
他にも、存在しないものが見える幻視や、刃物で刺されるなどの体感幻覚などの症状もあり、精神が正常に保てなくなってしまいます。
 

妄想

非現実的なあり得ない考えを、信じ込んでしまいます。統合失調症では「悪口を言われている」「監視されている」というような、被害妄想という種類の妄想が最も多く見られます。
 
他にも「自分は他の人とは違った特別な人間だ」と思い込む誇大妄想や、自分とは全く関係のない周囲の会話や出来事を、「自分に関連している、意味がある」と思い込む関係妄想なども統合失調症の症状です。
 
近年ではインターネット上の情報に対してこのような妄想を抱く患者様も多いです。
 

自我意識の障害

自分と外との境界線がわからなくなり、些細な刺激をダイレクトに受けやすいためすぐに反応してしまう易刺激状態となります。
 
 

思考の障害

思考のまとまりがなくなり、支離滅裂になります。具体的には、会話していると、どんどん違う話題に話しが飛び、つじつまが合わなくなり、周囲の人は理解出来なくなってしまいます。
 
 

行動の異常

激しい興奮状態や緊張状態、又逆に周囲からの刺激に全く反応を示さない状態などの異常があります。
 
無意味な動きや言葉を繰り返すことや、ひとつの姿勢で固まったように動きを停止する行動も見られます。
 
 

統合失調症の症状 :陰性症状

 
陰性症状は、感情が鈍くなり、意欲が低下する症状です。陽性症状から陰性症状に移行するケースが多く見られます。
 

感情鈍麻(鈍くなる)

周りで起こっていることに関心が持てなくなり、他者への共感や、それに伴う感情の動きが極度に減退します。
 
表現も乏しくなり、視線が合わなくなり、表情の変化がなくなります。
 
 

意欲の減退

目的を持った行動や、それを持続するということが出来なくなります。
 
集中力も低下し、気力も湧かないので、勉強や仕事や家事など、物事に対処する力が減退してしまいます。
 
 

思考の低下

思考が乏しくなります。会話自体が減り、話しかけても短い返事でボキャブラリーが減り、途切れ途切れの会話になってしまいます。
 
 

自閉

対人コミュニケーションに障害が生じ、他人との関係を避けて部屋に引きこもるといった生活になり、社会性の低下を招きます。
 
 

認知機能の低下

記憶力や遂行力(計画的に物事を実行する能力)などの認知機能が低下し、仕事は勿論、日常生活における作業(本を読んだり、洗濯したり等)も行う事が困難になる。
 
 

スポンサーリンク



統合失調症の症状の経過

 
陽性症状と陰性症状では、同じ病気とは思えない程違いがあります。
 
しかし、陽性症状も陰性症状も、どちらも統合失調症で見られる症状で、これらの病気の経過によって、陽性症状が出現する時期と陰性症状が出現する時期があります。さらに詳しく説明しますと、統合失調症は大きく分けて4つの時期に分類されます。
 

前兆期

統合失調症を発症する前触れの時期です。周囲からは、特に変わりなく見えますが、不眠、集中力の低下、怒りっぽさなど、本人は「何かが辛い」という漠然とした不調を感じています。
 
この時期に治療を開始すると、重症化せずに済む場合があります。この時期に家族や周囲の人が、「甘えている」と厳しく突き放さず、訴えに耳を傾けてあげることが大切です。
 
 

急性期

幻聴や妄想などの陽性症状が見られます。本人に病気という自覚はなく、症状を現実だと思い込んでしまうので、周囲から見ると、理解できない言動が出現します。
 
刺激に敏感になり、不安・緊張・恐怖が強くなります。
 
この時期には、症状を抑えるために投薬治療が必須となります。出来るだけ早く専門の医療機関を受診しましょう。
 
 

消耗期(休息期)

治療により、幻聴や妄想などの陽性症状が落ち着き、陰性症状が出現してくる時期です。この時期は時間を必要とします。
 
引きこもりや意欲の低下が見られると、家族は何もしていない状態に不安になるかもしれませんが、回復の過程で重要な時間なのです。
 
周囲の人が病気についてよく理解し、しっかり睡眠と休息をとることと、服薬を継続することが大切です。
 
 

回復期

徐々に状態が回復してきて、少しずつ意欲が出てきます。社会資源などを利用しながら、決して焦らずに活動範囲を広げてみましょう。
 
治ったと思っても、再発もあり得るのが統合失調症です。定期的な通院と、医師の指示に沿った服薬を継続してください。
 
 

統合失調症の診断

 
統合失調症は、本人に病気の自覚(病識)がないことが多いため、家族からの情報がとても重要になります。
 
症状について、始まった時期や経過、程度などを詳しく聴取します。その他にも、統合失調症を診断する上で、生育歴、既往歴、家族歴などの情報も重要な手がかりになります。
 
こういった情報を基に、統合失調症の診断基準に照らし合わせて診断していくことになります。診察では、正直にありのままを医師に伝えてください。
 
 

統合失調症の治療法について

 
統合失調症の治療は、薬物療法が基本となります。症状が目立つ時はもちろんですが、安定したと思っても、しっかり服薬を継続しましょう。それが、再発防止に繋がります。
 
入院中の休息も大切な治療のひとつです。
 
また、回復期や慢性期には、社会復帰を目的としたリハビリテーションも行います。
 
また、心理社会的療法は、本人だけでなくご家族も対象とし、病気について理解し、病気と付き合って社会生活が送れることを目的にように行われます。
 
統合失調症の症状が出現すると、周囲の人は驚いてしまうかもしれませんが、100人に1人がかかるという、珍しい病気ではありません。
 
会話や関わりに影響する症状なので、周囲の負担も大きいですが、病気であるということを理解し、早めに受診し、治療するようにしましょう。
 
 

まとめ

ここまで説明した内容のポイントを以下に記載しますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ・日本の統合失調症の患者数推定値は、79.5万人。
  • ・10代後半から30代の発症者が多い。
  • ・統合失調症の原因はまだ明らかになっていないが、遺伝、環境等の要因が関係している。
  • ・統合失調症の特徴として、家庭・社会生活に支障がでる、考え方・行動の歪みを本人が認識するのが困難、早期発見・治療が重要、薬物療法と家族の協力が重要。
  • ・統合失調症についてゲノムレベルでの研究が最近発表されている。
  • ・統合失調症に適応する薬ブレクスピブラゾールが2017年1月に承認申請された。
  • ・統合失調症の陽性症状として、幻覚、妄想、自我意識の障害、思考の障害、行動の異常等がある。
  • ・統合失調症の陰性症状として、感情鈍麻、意欲の減退、思考の低下、自閉等がある。
  • ・統合失調症の症状経過は、前兆期、急性期、消耗期、回復期の4つの段階がある。
  • ・統合失調症の正しい診断のためには、家族からの情報が重要。
  • ・統合失調症の治療は、薬物療法が中心。心理社会療法では、本人だけでなく家族も対象となる。

 
 
<執筆者プロフィール>
松本 たお(まつもと・たお)
正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者
精神科・産婦人科・助産院での臨床経験を持つ正看護師。現在は育児に奮闘中の二児の母。
 
<監修者プロフィール>
豊田 早苗(とよだ さなえ)
鳥取大学医学部医学科卒業。2001年医師国家試験取得。総合診療医としての研修及び実地勤務を経て、2006年とよだクリニック開業。2014年認知症予防・リハビリのための脳トレーニングの推進および脳トレパズルの制作・研究を行う認知症予防・リハビリセンターを開設。著書に『あがり症克服プログラム』『3分ストレス解消法』など
 
 

編集部オススメリンク(外部リンク)

 
関連した情報として以下のものがあります。ご参考にしてください。
 
産業医が統合失調症について説明した以下の動画もご参考にしてください。
 

 

統合失調症に関連した最近のニュース

統合失調症に関連した最近のニュースについて幾つかご紹介します。
 
●最新研究
統合失調症の遺伝的要因について、「Nature Genetics」(Volume49 Number 1 January 2017)に、”Genome-wide analyses for personality traits identify six genomic loci and show correlations with psychiatric disorders”という論文が発表されています。
 
これは、University of California, San Diegoの研究チームにより行われた研究で、性格を形成する主要な因子である、開放性、外向性、勤勉性、神経症傾向、調和性について対応しているヒトゲノムの領域を特定したものです。この研究の中で、これらヒトゲノムの領域と統合失調症を含む精神疾患の発症と関連していることがわかりました。
遺伝子科学の更なる展開により、統合失調症の原因解明が今後も進んでいくことが期待されます。
 
●治療薬
また大塚製薬が、2017年1月6日に統合失調症の適応で、抗精神病薬ブレクスピプラゾールを日本で承認申請したというニュースがあります。このブレクスピプラゾールは、米国では、2015年8月からすでに販売されているもので、臨床試験では、統合失調症の急性期症状を改善する結果を示しているそうです。
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。